3/5 – Ocean Data Cards: Web3データの保存、利用、交換のための新しい方法

Ocean Data Cardsは、V4 Ocean Data NFTを利用し、Ocean Protocol上のデータを保存、交換、値付けするための新しく、革新的で、可能性のある方法を提案します。 このData Cardsは、研究からAIモデル、ジェネレーティブアートまで、あらゆるタイプのデータを格納することができます。可能性は無限大で、Ocean Data Cardsは、クリエイター、投資家、ビジネスにとって、Opensea上のNFTなどとして、一般ユーザーの目線で新しい世界を切り開くことができるのです。 Ocean Data Cardsのユースケースとして考えられるのは、アーティスト向けです。アーティストが、DiscordのMidjourneyのようなジェネレーティブアートツールを使って、美しい作品を作ることを想像してみてください。 そして、この画像をOcean Protocol上に構築された将来のdAppにアップロードすることができます。ここで、彼らは自分の作品をデータNFTとしてミントし、彼らの知的財産を使用し、それを基に構築したい他のクリエイターがアクセスできるようにすることができます。よりシームレスにするために、このdAppは、「Mint it 」のように、アウトプット(プロンプトの画像結果)と対話する追加ボタンとして、Midjourneyによって簡単に統合されるかもしれません。

3/5 – Ocean Data Cards: Web3データの保存、利用、交換のための新しい方法
3/5 – Ocean Data Cards: Web3データの保存、利用、交換のための新しい方法

1/5 -「Ocean login」データを管理し収益化する新しい方法

これは 「Ocean DataUX Stack 」と呼ばれるものの構成要素の詳細を説明する一連の投稿の最初のもので、現在稼働中のOceanプロトコルツール(Ocean V4)の使用例を示しており、Web3に、個々のユーザーレベルでデータを適切にトークンゲート、マネタイズ、そしてオンチェーンで保護する分散、軽量、モジュラーなツールキットを提供するものです。 この最初の投稿では、データウォレットの概念について、簡単で短い、コードを使わない用語で説明します。ウェブサイトやdAppsにログインする際に使用するもので、プライバシーを完全に管理しながら個人データを共有し、あなたの経験をパーソナライズしたり、サービスプロバイダーのAIモデルを強化するために、あなたのデータが使用されることで収入を得ることができます。 データは、今日、世界で最も価値のあるリソースの一つです。 そして、AIの時代に突入するにつれ、その重要性はますます高まっていくでしょう。しかし、その価値にもかかわらず、私たちのほとんどは、自分のデータがどのように使われ、誰と共有されるかをほとんどコントロールできていません。そこで登場するのが、「Ocean Login」というコンセプトです。

1/5 -「Ocean login」データを管理し収益化する新しい方法
1/5 -「Ocean login」データを管理し収益化する新しい方法

オーシャンがpeaqと提携し、機械が生成するデータ共有の未来を推進

AIとビジネスイノベーションのためのデータサービスを開放するWeb3プラットフォーム「Ocean Protocol」は、Economy of Things(EoT)を支えるWeb3ネットワーク「peaq」との提携を発表しました。この提携は、ロボットやデバイスがデータを共有するための強固な技術的フレームワークの開発に重点を置くものです。 Oceanは、自社のデータマーケットプレイスとpeaqの機械が生成する商品・サービスの経済を連携させ、peaqネットワーク上で分散型アプリケーションを作成するビルダー向けにデータ収益化ツールキットを提供する予定です。 両社はすでにGaia-X 4 Future Mobility moveIDの中で協力し、未来のモビリティのためのWeb3インフラストラクチャを構築し、moveIDに焦点を当てたアプリケーションを配信しています。Oceanとpeaqの今後の直接提携では、Oceanのデータ収益化技術を活用し、道路状況データの収益化など、モビリティ関連の幅広い機会を後押しする予定です。OceanのCompute-to-Dataとデータプライシングメカニズムは、モビリティアプリケーションのプロバイダーと顧客の間でシームレスな情報交換を行うためのシステムアーキテクチャを提供します。deltaDAOは、moveIDのインフラにOceanの技術スタックを実装してプロジェクトを支援します。また、peaqは、peaq ID – Self-Sovereign Machine Identities (SSMI)、peaq access、peaq payなどのコア機能を拡張します。

オーシャンがpeaqと提携し、機械が生成するデータ共有の未来を推進
オーシャンがpeaqと提携し、機械が生成するデータ共有の未来を推進
Ocean Protocol Japan

Ocean Protocolは、ブロックチェーンを用いて安全性・透明性を保ちながらデータの共有・消費を可能にする分散型プラットフォームです。